求人情報
病院案内患者さんへ医療関係者の方へ求人情報

平成29年度「包括的暴力防止プログラム研修会」募集要項

研修目的

主に精神科医療領域の現場における暴力に対し専門的知識・技術に基づいた包括的な対処方法を習得することにより、対象者及び医療関係者の安全を図り、効果的な暴力への対処能力を高め、医療現場における治療的環境の向上を図ることを目的とします。

研修期間

研修期間は、4日間で次のとおりです。

平成29年 10月24日(火)〜10月27日(金)

研修内容

研修内容は、次のとおりです。

1日目 9:00 講義
  • 暴力理論
  • アセスメント
  • ディエスカレーション
  • 身体介入法の原則
  • 振り返り
  • 倫理・法的側面
11:00 DVD視聴
13:00 実技 ブレイクアウェイ、
チームテクニクス(エスコート法)
2日目 9:00 実技 チームテクニクス(立位)
13:00 実技 チームテクニクス(腹臥位)
3日目 9:00 実技 チームテクニクス(仰臥位)
13:00 実技 チームテクニクス
(体位変換他オプション編)
4日目 9:00 実技 チームテクニクス
ロールプレイ演習
13:00 まとめの講義 全体の振り返り
15:30 資格認定証の授与

受講資格

医師、保健師、看護師、精神保健福祉士、心理療法士、作業療法士など、医療に従事しておられる方

※ただし、4日間とも研修に参加できる方とします。
また、腰や肩の痛み等、身体的に不調がある方は御遠慮ください。

開催場所

独立行政法人国立病院機構東尾張病院内

定員

25名(定員になりしだい締め切ります)

申込方法

下記申し込みフォームに必要事項を記入のうえ、送信してください。

受講申込受付期日
申込が定員に達しましたので、応募を締め切りました。

受講の可否

受講の可否については、申込終了後に当院から連絡いたしますので、当該連絡を待って、必要な宿泊・旅券等の手続きを行ってください。
なお、希望者多数により受講していただけなかった場合でも、次回(次年度)については、再度、改めて申し込んでいただくこととなります。

持参するもの

  1. トレーニングウェア
  2. 上履き用の運動靴
  3. 筆記用具
  4. 健康保険証(疾病時に使用、コピー可)
  5. USBフラッシュメモリ(新品のもの)

資格認定

本研修にかかる所定の研修を修了した方については、研修終了時に『包括的暴力防止プログラムトレーナー資格認定証』を授与します。
なお、包括的暴力防止プログラムトレーナー資格認定を受けた方は、「包括的暴力防止プログラム指導者規則」及び同細則に基づき、自施設内でのみ包括的暴力防止プログラムの普及及び適切な医療の実践についての指導を行うことができることとなります。

経費負担

受講費用は、4日間で1人13,000円(資料代、保険料を含む)です。
また、研修期間中の昼食(1食370円)についても、別途、申し込みが可能です。

宿泊

院内の宿舎への宿泊を希望される方は、6月30日(金)までに東尾張病院企画課庶務係までご相談ください。
(電話 052−798−9711)

駐車場

当院では研修生の為の駐車場が確保できない為、来院の際には、公共交通機関をご利用いただきますようお願いします。

その他

研修についてのお問い合わせについては、FAXまたは電話にて下記までお願いします。

独立行政法人国立病院機構東尾張病院 企画課庶務係
〒463−0802
愛知県名古屋市守山区大森北2丁目1301番地
FAX 052−798−5554
電話  052−798−9711

申し込みフォーム

氏名 ※必須
ふりがな ※必須
生年月日(年齢) ※必須 日生 
性別  
連絡先
(※勤務先でも
結構です)
住所
※必須
-
TEL
※必須
FAX
Email
勤務先施設名等 ※必須
配属部署(診療科名)
医療従事経験年数
精神科経験
昼食の希望
(※希望する日に
チェックを付けてください)
   
備考

↑このページのトップへ